TOP > 性感染症(STD) > ゾコン 150mg 
お問合せ番号: 2505
⇒この商品を問い合わせる
ゾコン 150mg 
ゾコン 150mg の画像1
ゾコン 150mg の画像2
★★★★☆: ( 19件の口コミ )

ダイフルカンのジェネリック!抗菌作用に加え、女性の感度UPも!

■この商品のラインナップ

ゾコン 150mg 9錠
在庫なし
2,980円
問合番号:2506
在庫切れの為購入出来ません

ゾコン 150mg 30錠
在庫なし
7,980円
問合番号:2507
在庫切れの為購入出来ません

商品説明

ゾコン 150mg プロモーション

ZOCON(ゾコン)の成分効果説明
ZOCON(ゾコン)はダイフルカンのジェネリック医薬品です。カンジダ膣炎を含む、真菌による女性器に対する感染症に服用される医薬品となります。カンジダとは、カビの一種で、この真菌、カンジダ菌は通常から身体の中に繁殖しています。通常の体調であれば何も症状はありませんが、体調の悪化や風邪などで体力の低下があったり、抗生物質などを利用し違う菌との総合的なバランスが乱れたりした時に、カンジダ菌によるの症状が出現する場合があります。
今まではカンジダ菌の治療となれば塗り薬が殆どでしたが、ダイフルカンが発明された事で錠剤を服用して治療する事が一般的になりました。
主な治療には、カンジダ膣炎の治療に服用されますが、その他にも呼吸器系や消化器官系または尿路部分などの体全身のカビによる感染症の治療が期待できます。
また、カビによる感染症を改善する以外にも、女性の性器に潤いをもたらすという事から性交時の潤滑不足から起こる性交痛を和らげるという副作用から【女性用バイアグラ】と称される場合がございます。
Forcan(フォーカン)の主成分について
フルコナゾール(Fluconazole)
ZOCON(ゾコン)の服用方法・注意事項
■カンジダ菌からの感染症の場合には、大人の場合1錠100mgを1日1回服用となります。尚、症状が重度の場合には、1日の量として400mgまで増量が可能です。
■クリプトコッカスからの感染症の場合には、大人は100~200mgを1日1回服用となります。尚、症状が重度の場合には、1日の量として400mgまで増量が可能です。

■副作用
副作用は少ないほうです。まれに、吐き気や腹痛、下痢、発疹などがみられるます。発疹がひどくなるようでしたら、いったん中止し受診してください。重い副作用は頻度的にほとんどありませんが、極めて稀なケースとしてアナフィラキシーショックや皮膚障害、血液障害、肝障害などが報告されています。
初期症状などに念のため注意してください。
・吐き気、食欲不振、腹痛、下痢
・発疹、肝機能値の異常 など

カテゴリーの人気ランキング