TOP > 睡眠導入剤 > ハイプロン 10mg
お問合せ番号: 1482
⇒この商品を問い合わせる
ハイプロン 10mg
ハイプロン 10mgの画像1
ハイプロン 10mgの画像2
ハイプロン 10mgの画像3
★★★★☆: ( 61件の口コミ )

ソナタのジェネリック薬品 即効性のある超短期作用型睡眠薬

■この商品のラインナップ

ハイプロン 10mg10錠 いつまで??期間限定1980円⇒1280円!
在庫あり
1,280円
問合番号:815
購入数:
口コミはこちら

ハイプロン 10mg30錠
在庫あり
2,980円
問合番号:816
購入数:
口コミはこちら

ハイプロン 10mg100錠
在庫あり
7,980円
問合番号:818
購入数:
口コミはこちら

商品説明

即効性のある超短期作用型睡眠薬
ハイプロン(HYPLON)はソナタ(sonata)のジェネリック医薬品です。不眠症の治療に利用される非ベンゾジアゼピン系(ベンゾジアゼピン受容体作動薬)の鎮静・睡眠薬です。即効性のある超短期作用型睡眠薬として知られています。
成分効果説明
ベンゾジアゼピン系の薬は、脳内の神経伝達物質であるGABAの脳内作用を増強する働きがあります。
体内に取り込まれたベンゾジアゼピン系薬物は、脳内の「GABA A受容体」という部分に結合します。ベンゾジアゼピン系薬物が結合したGABA A受容体に、GABAが結合すると、塩素イオンの神経細胞内への流入がGABA単独で結合した場合より促進されることで、脳内の活動はスローダウンし、それが心の不安、緊張を和らげ、催眠作用を発揮すると考えられています。
実際、ベンゾジアゼピン系の薬は効果が高く、安全性が高いため、睡眠薬治療の主流となっていますが、それでも運動障害作用や筋弛緩作用などの副作用があるため、ふらつきや注意力低下、構音障害のほか、不安や興奮が起こることがあります。
有効成分
ザレプロン(Zaleplon)10mg
服用方法
通常、成人は1日1錠を就寝時もしくは就寝後寝付けない場合に経口服用します。高齢者、低体重者、肝臓に疾病のあるは1日5mgの服用が推奨されています。上記使用量はあくまでも目安となります。
実際の服用においては医師の指示に基づき、適切な量を服用するようにしてください。
注意事項
以下の薬剤とハイプロンは、併用しないでください。
・ナトリウム・オキシベート
以下の薬剤とハイプロンを併用する場合、注意してください。
・アルコール:ハイプロンの鎮静作用が増大するおそれがあります。
・中枢神経作用成分複合薬(多元受容体標的化抗精神病薬、睡眠薬、精神安定剤/鎮静剤、抗うつ薬、麻薬性鎮痛薬、抗てんかん薬、麻酔薬、抗ヒスタミン剤など: 中枢神経鎮静作用が亢進するおそれがあります。
・肝臓酵素に影響を与える薬:アゾール系抗真菌薬(ケトコナゾール、シメチジン、リファマイシンなど)、抗けいれん薬(フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタールなど)
・眠気を誘引する薬:抗ヒスタミン薬(ジフェンヒドラミン、プロメタジンなど)、抗けいれん薬(レベチラセタムなど)、睡眠・抗不安薬(アルプラゾラム、ジアゼパム、ゾルピデムなど)、筋肉弛緩薬(シクロベンザプリン、カリソプロドールなど)、麻薬性鎮痛薬(コデインなど)、精神薬(チオリダジン、リスペリドン、アミトリプチリン、トラゾドンなど)
  • 妊娠中または授乳中の女性は使用しないで下さい。
  • 本製品、本成分にアレルギーがある方は使用しないで下さい。
  • 直射日光の当たらない涼しい所で保管してください。
副作用
めまい、眠気、短期記憶喪失、協調欠如、運動失調、非静穏性、集中力低下、無気力、うつ病、興奮、精神錯乱、異常思考、異常行動、悪夢、幻覚、複視、視覚困難、嗅覚障害、発語障害、吐き気、食欲減退、光線過敏、不快感。
希に非常に深刻なアレルギー反応も報告されているので、必ず医師の指示の元服用するようにしてください。

カテゴリーの人気ランキング