TOP > スキンケア > デラニン Hydroquinone 4% 
お問合せ番号: 2065
⇒この商品を問い合わせる
デラニン Hydroquinone 4% 
デラニン Hydroquinone 4% の画像1
デラニン Hydroquinone 4% の画像2
★★★★☆: ( 20件の口コミ )

シミ取り最善治療クリーム!根こそぎシミの元を無くしてくれる魔法のクリーム!

■この商品のラインナップ

デラニン Hydroquinone 4% 5g 1本
在庫あり
2,900円
問合番号:2066
購入数:
口コミはこちら

デラニン Hydroquinone 4% 5g 3本
在庫あり
4,900円
問合番号:2067
購入数:
口コミはこちら

デラニン Hydroquinone 4% 5g 5本
在庫あり
5,900円
問合番号:2068
購入数:
口コミはこちら

商品説明

■肌の漂白剤と評判のハイドロキノン!使い方をしっかり守って!色白美肌に!

■成分効果説明
現在、シミを予防するためにさまざまな美白成分が配合された化粧品やスキンケア商品があります。
その中でも有名な成分としてビタミンCやプラセンタなどがありますが、ハイドロキノンはそれら美白成分の10~100倍の効果があると言われています。
また、ビタミンCやプラセンタなどの美白成分は、シミの予防には役立ちますが、ハイドロキノンは予防するだけでなく、皮膚に沈着したメラニン色素にまで働きかけることから、注目の成分として美容通の間でも話題の成分です。
日本国内で販売されているハイドロキノンは上限2%までと定められており、それ以上の含有量がある商品は皮膚科にて処方してもらうか、個人輸入でなければ手に入れることができません。
このハイドロキノンは元々、還元作用での使用歴史があり、「写真の現像」などの還元剤、「ゴムの酸化防止剤や染料」としても利用され、古くから世界中で利用されてきた成分です。写真を現像していた人の肌が白くなったことからハイドロキノンに美白作用のあることが発見されました。
ハイドロキノンは非常に不安定な成分なので、使用方法を守らなければ肌トラブルを招く可能性があります。ハイドロキノンの性質や注意点、副作用などしっかり守り、正しくハイドロキノンをご使用ください。
■成分
hydroquinone ハイドロキノン 4%
■注意事項
・肌に合うか、必ずパッチテストを行なってから使用することをおすすめいたします。(腕などにハイドロキノンを塗布し、絆創膏などで覆います。1~2日程度様子を見て炎症や赤みの程度をご確認ください。)また、炎症や赤みが強くでてしまった場合は使用を中止し、皮膚科医を受診し指示を仰いでください。
・肌へピリピリとした刺激を感じる場合があります。(※ハイドロキノンが肌のターンオーバーを早めるため皮むけが起こります。日焼けで起こる程度の皮むけです。それ以上の皮むけを感じた方はすぐ使用をおやめください。)
・顔全体への使用はおすすめいたしません。シミやそばかすの幹部のみにご使用ください。
・※極力、夜のみのご使用を推奨いたします。朝ご使用したい場合は必ず日焼け止めを塗り外出してください。
・お子様の手の届かない場所で保管して下さい。
・ハイドロキノンは酸化しやすいため、フタはしっかりと締め、保管するときは高温多湿を避け、冷蔵庫などに保管してください。※1ヶ月程度で使い切ること。
・長期間使用する場合、抗体ができ、効果を感じ憎くなる場合がございます。
・ハイドロキノンはとても刺激の強い成分です。長期間の使用の場合、約2ヶ月を1クールとし、1ヶ月程度使用をやめる休薬期間を設けてご使用ください。
■使用方法
ハイドロキノンは非常に強い成分であるため、人によっては肌に合わず、炎症や赤みを起こす場合があります。
ハイドロキノンを使用される際は、必ず事前にパッチテストを行なってください。

1.夜、洗顔後、ビタミンC誘導体ローション等を顔全体に付け乾かしておきます。
2.ハイドロキノンクリームを皮膚のシミやそばかすなどの気になる部分にだけに塗布します。綿棒を使用(※顔全体へのご使用はお控えください。)
3.ハイドロキノン自体は白いクリームです。お肌に浸透すると透明になります。
4.寝ている間に塗布部分以外に付着する恐れがある場合、絆創膏などで覆ってください。
5.翌朝、低刺激の洗顔料などでしっかりと洗い流し、ビタミンC誘導体ローション等でケア後、必ず日焼け止めを塗り外出してください。
ハイドロキノンは紫外線により悪性の物質に変化します。日中のご使用は当店ではおすすめしておりません。
また、ハイドロキノンを洗い流したあとでも、塗布した部分はターンオーバーが促進しており、とてもデリケートな状態です。
ここで、日焼け止めを怠ると余計にシミが濃くなったり、余計なお肌のトラブルを招く可能性もございますので、必ずSPFの高い日焼け止めをしっかりと塗布し極力、紫外線に当たらないようにしてください。

カテゴリーの人気ランキング